Top
初切開・4
2005年 01月 11日 *
治る兆しが、目に見えて現れた。
患部近くはさすがにまだパンパンに腫れているが、脚に大きく広がっていた赤みが消えかけ、しかも触っても痛くない。

ガーゼをとった看護士さん
「うっわー、汚い傷口になっちゃってる。あっ、膿が出てきた」
ここぞとばかりにガーゼでとり、「ほら、これが諸悪の根源だよ~」と見せてくれた。
穴に入れてたガーゼも、今までと違って、だいぶ汚れている。いい傾向らしい。
「傷口、きれいにしちゃおうね」
と、黄色く変色している周辺を触ったら、なんとペロリと皮が剥がれた。
「うげっ!」
と慌てる私と看護士さん。しかしb0007685_1747766.jpg
「あ。キレイになったよ、ほら」
皮膚が剥がれる様はかなりグロかったが、その皮膚の下に、ピンク色の、出来立ての皮膚が。しかもピチピチしてて、活きがよさそう。
「全部取っちゃおうね」
ガーゼでつるつるっと剥くと、結構な範囲の皮膚が剥がれた。
しかし、最初は自分でも見ることが出来なかった傷口が、嘘みたいにキレイになってる。
…相変わらず、穴は空いてるが(笑)

「あと半分だね。当初はどうなることかと思ったけど」
先生も笑顔。
「そういえば、今日は痛がらないね。毎日、歯を食いしばって耐えてたのを見て、『うわ~、痛そうぅぅ』って、こっちも歯を食いしばってたけど(笑)」
そういえば……。

しかし処置が終わって歩いてみたら、また足を引きずる。
やっぱり、ちょっとは痛かったらしい(←他人事)
[PR]
by voovo | 2005-01-11 17:46 | 日記  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧