Top
P.FACEじゃはじまらない その2
2006年 01月 19日 *
仕事の合間に書いているので、どこまで書けるかわかんないけど、サクサクといってみようか。


例文1

"He was not ashamed of having been once and for all turned down by her, who was as grotesque a woman as any in the untverse."

彼は彼女にきっぱりと拒絶されたことを恥ずかしいとは思っていなかった。だって宇宙一のブスだったんだから。


例文2

"I wonder how many years have passed since I quit enjoying touching women's hips on the commuter's train."

俺が通勤電車の中で女の尻に触る楽しみを棄ててから何年になるだろう


例文3

"It is high time my surprising popularity with the students added to my reputation. Otherwise the students would take the liberty to call me "useless oddball" "

この絶大な生徒の人気で俺の名声が昴てもいい頃よ。でなきゃあ無礼な生徒に只の変人と言われるぜ


例文4

I can not approve of having my suitmade to order. I should then have my mother burst into tears, who cannot afford to buy a car for her man-mistress."

スーツをあつらえで作るってわけには行かないんだよ。そんなことしたら、お袋が泣き出すぜ。 ババァ、男妾に車を買ってやる金がないんだから



………ホント、危ないよな 
[PR]
by voovo | 2006-01-19 12:30  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧