Top
江戸の華
2007年 01月 17日 *
今日、物凄いことがあった。
本当にすごいことがあった。

友人と回転寿司屋に行ったのだが、それはそこで起こった。
夕方五時と早い時間だったせいか、お客は誰もいなかった。ぼーと友人の貸切り状態だ。

「カウンターにしますか? テーブル席がよろしいですか?」
ぼー達はテーブル席を選ぶ。
お客がいないので、当然(?)皿も回っていない。なので、メニューを見て注文する。
「えーと、海老タルタルください」
友人は、月見納豆を頼んだ。
「はい、どうぞ」
と、カウンター越しに店員さんがたったいま握った二つを寄越す。
それを受け取り食べようとした。

海老タルタルは煮海老の上にタルタルソースをのせ、バーナーで軽く炙った握りだった。
それを食べて、また次のを頼み、それをまた受け取り、食べようとしたときだった。

友人が、空中に浮かんでいる何かを取ろうとする様な仕草をした。

ぼー「なに? 虫?」
友人「いや、なんだろう。黒いヤツが……海苔?」
ぼー「海苔ぃ?」

海苔が空中をぷかぷか浮くか?
訝しく思っていたら、ぼーの目の前を黒い小さなものが、ふわふわ漂っている。
確かに海苔に見える。しかし海苔って空気より比重が軽かっただろうか?

ぼーも一緒になって、その海苔を掴んでみる。
なんだか手が……汚れたような?

不思議がっていたら、友人がそれ . . に気付いて大きな声を上げた。
「火っ! 火が!!」
そしてカウンターの奥の方でこちらに背を向けていた店員に、大声で声を掛ける。
「燃えてるっ! 火が出てます!」

ぼー、呆然。

ぼー達の目の前のカウンター内で、アチコチに燃え移った火が、ファイヤーしてた。

店員はパニックになったらしく、なんと素手でそれをつかみ、下に置いて慌てて叩き消す。
火がついていたのは、ラックらしき所に置いていた、ゴミ袋の束と、あと何か、いろいろ。とにかくいろいろ燃えていた。

「タッタオル! タオルも火がついてます! タオルタオル!!」

燃え移ったらしく、タオルもファイヤー。
なんと店員、それも素手でつかみ、地面に捨てて叩き消す。

薄っすら白く煙った店内。そしてナイロンが溶けた独特の嫌な臭気。

店員は恐縮しまくり、大丈夫ですかを連発したが、いや、あんたこそ大丈夫ですかと聞き返したい。

原因は、バーナーだった。

バーナーの火がちゃんと消えていないのに、バーナーをラックに戻したせいで周囲に引火し、大きな火になったのだ。

テーブルも寿司も煤だらけ。
服にも煤が付いた。
店員がやたら恐縮するので、店員さんのためにもぼー達は敢えて何事もなかった顔をして寿司を頼んだ。

それにしても危なかった。
もしぼー達がテーブル席ではなくカウンターに座っていたら、このボヤには気付かず、もっと大変な火事になっていたに違いない。ラックには燃えるものがいろいろあったし、なにより火元のバーナー缶が、炎の熱で爆発していただろう。(ラックにバーナーは2本あった)
そしたら、本当に洒落にならなかった。怪我をする事態になったかもしれない。
あの火の強さは、その場にいた者達をビビらすには、十分な火力だった。

友人「……あんたが海老タルタル頼むから…」

Σ(゚д゚;) 


オレのせいかよ!?
[PR]
by voovo | 2007-01-17 21:41 | 日記  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧