Top
ホテルのケーキバイキング
2007年 03月 27日 *
に、行ってきた。
根性で仕事を早く終わらせ、2:30から始まるバイキングに少し遅れて行った。
もう席はいっぱいいっぱい。
順番待ちのために、紙に名前を書く。名前を書いたのは2:45
「三時半ごろになると思います」
と、店員さんに言われた。
しかし、待てど暮らせど……
ようやく席に案内されたのは、もう五時だった。
しかも用意していたケーキがもうないのか、それとも五時半までのバイキングなので、早く客が帰るようにわざと出さないのか…。
ケーキがねえじゃねーかよ
バイキングじゃなかったのか!?
こちとら1400円も払うんだ、貧乏なのにスイーツな誘惑に負けて!
ちゃんと出せよ!
開始から15分遅れただけで、こんな、何時間も待たされ、この仕打ち!?

しかし時間がない。
一緒に行った友人は、晩飯の用意もせずに、家族にケーキバイキングに行くというのを内緒にして出てきているのだ。
急いで食わねば。
b0007685_20385379.jpg

緑のはリンゴゼリー。全然ゼリーっぽくなくトロトロで、ぼーでも食えた。
b0007685_20393836.jpg

ピンクのは桜のロールケーキ。
手前のは金時豆のタルト。金時豆ダメなんだが、だって他に食うのがない。
b0007685_20403359.jpg

↑本当にこれしか食うのがなくなった…。
何度もチョコレートフォンデュが出てくるのは、これしか食うのが以下同文。
b0007685_2041217.jpg

他の客もコソコソと文句を言っているのを感じたらしく、ようやく出してくれたプリン。
プリン好きだが、ケーキが食いたいんだよ。だって、ケーキバイキングだろ?
ケーキ出せよ。
b0007685_20413891.jpg

最後の最後に、やっと出してくれたケーキ。
イチゴのタルト、最初と最後しか出してくれなかった。
あとは余っていたのか、金時豆ばかりを出された。お客は誰も手をつけなかった。


なんかいろいろ文句を言いたいケーキバイキングだったが、とりあえずお腹はいっぱいになった。


b0007685_20421792.jpg

ぼーを慰めてくれた夕焼け空。
しかしせっかくきれいな三日月を撮ろうとしたのに、肝心なときに雲がかかった。
とことん付いてない。


ところでバイキングの間、隣にはカップルが座っていた。
まだ付き合い始めて間もないらしい。
同じケーキを皿に持ってきてるのに、お互い、照れつつ「はい、あーん」をし合ってた。
「このチョコレートフォンデュ、おいしいよ」とか言いつつ、相手の皿にもそのチョコレートフォンデュが載っているのに相手に食べさせるのだ。
で、食べさせられた相手は、照れつつ口を開き、それを食べて「美味しい」と笑う。
お返しに、食べさせられた相手は、食べさせた相手に「あーん」をしてあげて、相手はまたそれを照れつつ食べて「美味しい」と笑う。

そんな二人を身近で見せられ、私と友人は無言で見詰め合って、ぷぷぷ、と笑った。
初々しくて可愛いな~。
付き合い始めて何ヶ月くらいだろう?

ケーキバイキングで、唯一ほのぼのした光景だった。



あ、そっか。
ぼーも友達と二人で「あーん」をし合うんだった。
初々しくねえ付き合いだが。
[PR]
by voovo | 2007-03-27 23:46 | 日記  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧