Top
2005年 05月 30日 *
有名人の知り合いが、一人いる。
推理小説家の愛川昌氏だ。
なんで知っているのかというと、実は高校生のとき、日本史を習ったからだ。
愛川氏は現役の「高校の先生」なのだ。

明日、ローカルテレビの特集で、「愛川昌」を放送するらしい。
なんとこのたび、先生のデビュー作で鮎川哲也賞を受賞した「化身(アバターラ)」が日本テレビの火曜サスペンス劇場で放送されることになったそうだ。

愛川先生といえば、いつも一箇所だけ寝癖をつけてる、ちょっと変ったヘンな先生、というイメージがすぐ脳裏に浮かぶのだが、明日はローカルとはいえ、テレビに映る。
しかも火サスの出演者とのショットもいくつかあるらしい。

明日は寝癖がついてないことを祈る。
[PR]
by voovo | 2005-05-30 22:24 | 日記  
2005年 05月 28日 *
連日、うりゃHPの掲示板に、アダルトサイト勧誘の書き込みとアドレスが貼られます。
みんなのレスがついてないときは、サクサク削除するんだけど、レスが付いてる時は、皆のカキコが楽しいので、そのまま残してます。
でも一応、間違ってアドレスを踏まないよう、貼られたアドレスやメルアドなどは削ったりして対応してます。

いろいろな名前で書き込まれてるけど、大体は同一人物。
なかなか巧妙で、ブログをリンク先に設定して、オタク系の個人の、趣味のブログのように公開し、「興味がある人、詳しく知りたい人は、こちらをクリックして」と本命のアダルトサイトに誘導してます。
アクセス禁止にしようと思ったんだけど、うちの掲示板はそういうのに対応してなくて、パスワード制にしかできないそうです。

で、その問題のブログ、私も利用している、もう一つのブログと同じ会社のものだったので、
「なんとかしていただけませんか? 無理ならいいですが…」
と相談したところ、「利用規約違反と判断し、削除しました」と迅速な返事が。
一安心?と思ったのも束の間、今度はそのサイトのアドレスを直接貼ってきました。
そのサイトはアダルトOKのサイトなので、今度はこの手は使えません。

で、掲示板のリンクをTOPページから消すことにしました。
これで様子を見ようと思うので、皆様、しばらくの間、ご協力ください。

新しい掲示板への入り口は、
b0007685_21175335.jpg

のヽ(〟・ω・〟)ノ
     ↑ここの部分『ω』にしたいと思います。
来週の火曜日から、始めたいと思います。

ヨロシクね~ヽ(〟・ω・〟)ノ
[PR]
by voovo | 2005-05-28 21:25 | 日記  
2005年 05月 27日 *
突然ですが、パソコンが逝ってしまうかもしれません・゚・(ノД`;)・゚・
姿を見かけなくなったら、格闘してるか逝ってしまった、と思ってください。
取り合えずこれからはバックアップ三昧になります


突然、何でかな~・゚・(つ△<)・゚・うぇ~ん
[PR]
by voovo | 2005-05-27 19:57 | 日記  
2005年 05月 27日 *
実はみんなに相談したいことがある。
以前、ここでとある賞に応募した、と言ったが、今日、その結果が送られてきた。
第三次選考以来、全然連絡が無かったので、
「こりゃ落ちたな」
と悟り、
「賞金100万円欲しかったな~」
などと思いつつも、今ではすっかり忘れていた。

結果はでかい封筒で送られてきた。
出版社が扱っている本の目録と、賞を取った方々の結果発表の選評冊子、社長の「応募してくれてありがとね♡」の挨拶紙と、私が応募した作品に対する審査コメントだ。
「文章構成もしっかりしてて、物語としての大きな山場があり、その世界にスッと踏み込んでいける、とても思い出深い作品です」
と一応、褒めてもらっている。

でも落ちたのだ。
本当にいい作品なら、大賞とまではいかなくても、優秀賞とか奨励賞とかを受賞してもいいと思う。
それもなかったんだから、私の作品以上に優れたいい作品が112作品あった、と言う事だ。
というより、私の作品がイマイチだった、と言う事である。
(全応募作5894点 受賞枠112作品)

だから
「う~ん、残念。まだまだ修行が足りないわね。ぷっ♥」
でこの話は終わるはずだったのだ。
が。
私の名前宛に、封筒が入っていた。

「貴方の作品は惜しくも賞を逃しましたが、ぜひ共同出版したい作品であると感じ、このお手紙を同封させていただくことにしました。貴方の作品の良さをいかし、プロの編集者と一緒に楽しんで本つくりを経験していただきたい、そして流通できる形で出版したいと思った次第です。
お忙しいとは存じますが、直接お会いして作品のお話や、共同出版のご説明をさせていただきたいと思います。
作品から溢れる魅力を全て包み込むような『本』をめざし、ご意見を伺いながら世界に一冊しかない貴方の本つくりをお手伝いさせていただきたいと考えております」

(´Д`)………

どう取ったらいいのだろう?
自費出版を勧めているってことか?
そもそも応募したのは、貧乏だからだ。
その貧乏人の私が、博打的な自費出版など出来るわけがない。
しかも「会って話がしたい」とはいうものの、会う場所は東京。
東京に行くお金もねーよ。
仕事を休んでなど、とてもいけないし。

どうすりゃいいんだ。

皆さんのご意見、アドバイスなどを、この迷える仔羊に…。激しくお願いします。
[PR]
by voovo | 2005-05-27 12:34 | 日記  
2005年 05月 23日 *
ニュースで話題になった、ゾウが突然乱入してきて暴れたという、韓国の焼肉屋さんのその後が、今日テレビで放送されてた。
「ゾウが暴れた」というのを売りにしてのリニューアルは大ヒットで、連日満席だそうだ。
店の看板にも「ゾウが暴れた店」というロゴをつけ、曲げられた入り口の鉄柱はそのまま残し、メニューにゾウ定食(だったかな?)を加え、ゾウの恩恵にあやかっている。
事件があったときは、ショックのあまり入院してしまった女性オーナーだが、現在のインタビューでは
「ゾウは福の神だったわ」
と言っている。

そのときだった。
彼女の背後に、ある置物が置いてあった。
ブロンズ像だ。

「見て見て~。ほら、あれもゾウだよ。後ろの像」
ゾウの像……

奇跡のダジャレが発生した瞬間だった。
[PR]
2005年 05月 21日 *
今日は皆でキウィのフレッシュジュースを作った。
ミキサーと炭酸で作ったが…なんか白っぽく濁った。
ダメだな、ミキサーは。b0007685_2252393.jpg
やっぱ、キウィは手で潰さないと、クリアな色が出ない。
味はすごく美味かったが、すっぱかった。
(>*<)
シロップは忘れずに入れんと…

あと、バナナアイスクリームを作った。
ってか書いてて、いま思い出した。
今頃、冷凍庫の中で立派なアイスになっていることだろう。
甥くん姪ちゃんに念を押されている為、一人じゃ食えんが。
味見くらいはいいだろう。
あ。でも食った跡がバッチリ残ってしまうか。
う、うーん…。

今日、プロレスごっこ(ダンスごっこ?)をした時に、甥くんに「ぴよぴよアタック」なる攻撃を受けた。
胸で体当たりしてくる攻撃だ。
ふっ。やるな。
[PR]
by voovo | 2005-05-21 23:13 | 日記  
2005年 05月 16日 *
一位は会社員だそうな。
よく知らんが、年金などを利用した中国ファンドのアレコレをしているらしく、その報酬が莫大だ、と…。
推定年収100億円。
しかもこれ、株売買とか、土地売買とかじゃなく、全部給料だそうだ。
給料明細に今月は1000000000円とかゼロが並ぶんだろうか?
明細の紙に書き込めなくて二行に改行してるとか、セロテープで紙を足したりしてるんだろうか?
一度、見てみたい。

この人の収入もありえないくらい凄いが、
「その人の働きに応じた給料を払うのはあたりまえ」
といって、払ってしまう会社も凄い。
普通は会社の利益にしちまうぜ、100億円も…。

年間で100億円も貰えるのなら、私は一年で会社辞めるぜ。
定職には付かず、一日4時間くらいのアルバイトとかして、その100億円を、ちまちまと使う生活したい。
贅沢を極める、というのは、性に合わん。

言い換えれば、それだけ貧乏が身に沁みてしまった、という事なのか…(T▽T)ハッハッハ
[PR]
2005年 05月 11日 *
ワシ:「今から猫語を喋ること!」
姪:「ええ~!」(不満顔)
ワシ:「手本を見せよう。 あっ、信号が赤にゃ~」
姪: 「・・・・・・・」(それが猫語…!?)
ワシ:「前の車が止まったにゃ! おにぎり美味しいかにゃ!?」

勢いづくオレ。ちょっと呆れる姪。


姪: 「いやだ。言わない」(///△///)

恥ずかしがる姪


ワシ:「言わなかったら罰則にゃ!」
姪: 「Σ(゚д゚lll)ガ ン! い、いやだ     ・・・にゃ」
ワシ:「恥ずかしがらずに、堂々と言うんだにゃ!」
姪: 「ええ~  …にゃ。 なんで猫語なの?他のは?」
ワシ:「犬語だワン」
姪: 「あ、そっちは言いやすいワン」
ワシ:「ダメにゃ!君は猫語! 犬語はお母さん!」
           ↑イジワル  ↑とばっちり
姪のMAMA:「Σ(゚д゚;) そ、そうだワン 君は、もっと自身持って言うんだワン」
姪: 「私は猫語で、お母さんは犬語なの?   ・・・にゃ?」
ワシ:「そう。そしてオレはヒヨコ語だぴよ!」


今日も今日とて、くだらない遊びを開発する。
[PR]
by voovo | 2005-05-11 23:35 | 日記  
2005年 05月 08日 *
オレさま:「お金ない~」
姪ちゃん:「じゃあ、う○この中から出して使ったら?」

「……聞き間違い?」と凍りつく周囲

オレさま:「うんこう?運行から出す??」
姪ちゃん:「ううん、○んこ」

再び凍りつく周囲
っつーか、意味わからん

オレさま:「うん○って何…」
姪ちゃん:「ほら、あれ。うん○の貯金箱にお金入ってたじゃん」
 
 ↓う○この貯金箱
b0007685_23471351.jpg









○んこだけで、分かるか!ヽ( `Д´ )ノ

いくら日本語が乱れていても、省略しては絶対通じない言葉もあるのだと、皆から延々と教えられた姪だった。


ちなみにこの貯金箱は、私が高校を卒業するときに、部活の後輩から
「先輩っ。大事に大事にしてくださいね!」
とプレゼントされたものだ。
他の人は平凡な貯金箱だったのに、何故に私だけこの貯金箱だったのだろう?
[PR]
by voovo | 2005-05-08 00:07 | 日記  
2005年 05月 04日 *
・゚・(つ□<)・゚・うわぁぁぁぁん

風邪ひいて、鼻水止まんなくて、鼻の穴にティッシュ詰めてたら
途中で切れて

ティッシュが取れなくなったぁぁぁ!

水分含んでて、取っても取っても千切れてしまう
ピンセットで ちまちま全部取ったけど……

ううう…、病院行きになるかと思った
怖かったよう 
マジびびったよう (T△T)えぐえぐ
[PR]
by voovo | 2005-05-04 21:02 | 日記  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧