Top
2006年 10月 31日 *


以前、心霊特集を見ていたらスパイウェアが発動した、と書いたが、あの「プレステージ」シリーズは数百もあって、これは楽しみだ、とウキウキしてたら、先日のメンテですべて削除された。
_| ̄|○
まだ86までしか観てなかったのに。

「他にないか他に」
と探してたら、「プレステージ」より更に怖い「呪いのビデオ」シリーズをようつべで発見。
自分で持ってるヤツもあったが、BGMがわりに観るので最初っから順番に見ていくことにした。

しかし。
あっというまに、全部観ちまったい。
あんなにたくさんあって、「うほっ♪」って喜んでたのに。
仕事しながらとか、面白いテレビをやってないときとか観てたら、3日で全部観てしまった。
ああ、明日からなにを見ればいいんだ……。


たくさんあった中で、特に驚いたのがこれ
呪いのビデオDX
苦手だという人の為にネタバレしとくが、心霊ビデオではない。
どうやら友人とシャレで作ったビデオで、窓の外から物音というか、怪しげな気配がするから、窓のカーテンをドキドキ感いっぱいで開けると、そこには明石さんまのモノマネでよく使われる出っ歯のマウスピースをした男が上半身裸で窓に張り付いている、というやつだ。

笑えるのかもしれないが、これが本物の呪いのビデオのカテゴリに混ざってて、本物の「呪いビデオ」だと思って熱心に見ていたため、えらい驚いた。
よく考えてみれば、ナレーションも素人だった。
気づかずにどきどきした自分が悔しい。

そしてこんなアホなビデオを友人と作って、わざわざようつべにupしたこいつらが愛おしい。
遊び心は人生を楽しく生きるためのスパイスだ。
[PR]
by voovo | 2006-10-31 15:01 | 日記  
2006年 10月 25日 *
なんつーかこう…、知ってる人は激しく理解できるけど、知らない人にはチンプンカンプンという……。

だから書くの止めようと思ってたんだけど、どうしても我慢できなかった…。

るーしぇさん、ワニワニ。 因幡は特に見て欲しい。 うりゃも分かるかもしれん。
この、胸が熱くなるというか、血潮が騒ぐというか。

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=33922

そしてこれ。
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=33685

腹を抱えて笑うが、オリジナルを同時に再生してみると、さらにその神がかり的なクオリティの高さに、腹がよじれる。

http://www.youtube.com/watch?v=Sv39WKUCScg

http://www.youtube.com/watch?v=aiRlAwyLfAU


もう何回目だろ。繰り返してみてるよ。
そのたびに笑えるよ。


分からない人は、下の二つを見てから上の二つを見るといいっす。
やっぱり笑えます。
[PR]
by voovo | 2006-10-25 16:48  
2006年 10月 22日 *
最初に注意。
因幡は読まないで下さい。


なぜか。……それは読んでみれば分かる(どっちだ)


読まないでね…。




天使の梯子をやってますね。

ワシ、実は「天使の卵」のファン。
というか、原作者のファン。
悲劇が多いので純文学は読まんのだが。
「天使の卵」はハッピーエンドでないことを知っていたのだが、作者の記念すべき賞の受賞作だったので、読んだのだ。
「えええ? ここで突然死別かよ」
と思わないでもなかったけど、透明なカラーの物語が好きだった。
好きゆえに、続編、映像化、絶対見ねー! と映画化が決まったとき、固く心に誓った。

いつもは原作に思い入れがあろうとなかろうと、別物として見るのだが、あのカラーだけは映像化で失いたくない。
だから今日は見るテレビがなく、ようつべを見ていた。


さあ、ここからが本題ですよ (ここまでが序章かよ)


とある掲示板で、たまたま紹介されてたようつべ。「心霊特集@プレステージ」
ブクマしてたので、
「さて、のんびり見ようかな」
と#25まで長々とある動画を見ていた。
怖い写真やビデオなどはなく、ただ出演者がいろいろな怖い話をしていくのだが、新聞にも載ったという日本を代表する人形師が、実は心霊現象で亡くなったと思われるエピソードを話し、その内容がどうやら有名らしく……というところで、怪異が生じた。
動画ではなく、ぼーのパソコンで。

突然の大音量で、「○○ one way!」(大きすぎてよく聞こえない)と動画の音に重なったのだ。
最初はこの動画にもともと何かのミスで入ってたのか……と思ってもう一度、問題のシーンまで巻き戻しし、再生。

……異常なし。

「…………」

き、気のせいだ、きっと。
そう思い直し、続きを見始めた。
一時間後再び突然の大音量で、「○○ one way!」(大きすぎてよく聞こえないけどたぶんこう言っている)と動画の音に重なった。

もはや気のせいではない。

とある漫画家さんが、徹夜で原稿を書いていたとき、音楽が終わったテープを無音のまま掛けっぱなしにしていたら、無音のはずなのに
「はあ、しょうがない……運命………だから……」
という男の溜息が聞こえてきたそうだ。
数分おきに、何度も何度も繰り返される、絶望したような男の声。
そんな馬鹿な、と漫画家さんは、その無音であるはずの場所を何度もリピート。
すると突然の大音響で、男の甲高い笑い声が。
慌てて切って、アシスタントと身を寄せ合い、ガタガタ震えながら朝まで過ごしたそうだ。
そして朝になって問題の場所をもう一度再生してみたら、そこには何も入ってなかった。

↑これを激しく思い出した。

さすがの心霊マニアぼーもびびる。
実はぼー、一度だけ、デジカメの使い方を調べてるために動画を撮って、それを再生してみたとき、いる筈の無い女性の笑い声を、この部屋で撮ったことがある。
どう考えてもカメラのすぐそばで笑ったとしか思えないような、はっきりとした笑い声だ。
悪質なものではないと感じたが、即刻削除して塩をまいた。
それっきり、二度と無かったが。

で、その時の記憶が鮮明によみがえり、ビビりまくる。

無視が一番、と再び動画を見始め(ってか、そういう時に心霊見るのやめろよ) 30分ほどした時、再びまた、「○○ one way!」と男の声。

しかしこの時、あることに気づいた。
「……この男の声、神谷明さんじゃね?」


もしやと思って「Ad-Aware」で調べた。


スパイウェア、12個検出。


_| ̄|○



心霊動画観てる時に、発動するな……。
心霊現象(?)は無事治まりました。 


しかしドコで拾ったんだ……。
[PR]
by voovo | 2006-10-22 23:28 | 日記  
2006年 10月 21日 *
太鼓のタツジンを、甥くんと姪ちゃんとした。ゲーセンで。
対決したので大盛り上がり。
調子に乗って何回も何回も  何  回  も、 した。

選曲するところから始まるのだが、たくさん曲があって迷う。

そもそも姪ちゃんが「やりたい」と言い出したゲームなので、姪ちゃんが決めた。

「暴れん坊将軍!」

えっ

「次は、えーと、モンキーマジック!」

ええ?

「あっ、タッチがある。お願い~、タッチ、タッチ、ここにタッチ♪」

…………



キミ、いったい歳いくつよ。
ってか、何処で覚えてきたの……。
[PR]
by voovo | 2006-10-21 10:13 | 日記  
2006年 10月 19日 *
最近、サボってますが。

http://www.encount.net/owarai/11_448.php

やっぱりサボって動画貼り。
↑凶暴猫『恐ろしいほどの破壊力』だそうです。

いやぁ、恐ろしかった。
まさかこんな……。



あ、音つきでごらんください。
[PR]
by voovo | 2006-10-19 20:14 | 日記  
2006年 10月 12日 *
http://www5.ocn.ne.jp/~ittetsu/20060930tou_maid2.htm
↑バイク板の罰ゲームでメイド服ツーリングやらされたってよ

文章読まなくても、写真を見るだけで笑える。
いいな、こういう楽しい行事。

外国人の写真攻撃笑った。
[PR]
2006年 10月 09日 *
http://www.youtube.com/watch?v=5s6KZhe32xg

R18でお願いします。



………仕事中にエロ動画なんか貼るな。
[PR]
by voovo | 2006-10-09 08:29 | 日記  
2006年 10月 08日 *
飲み会がある。
ミニクラス会。
幹事はぼーだ。

場所を決め、時間を決め、コースを決め、予約。
そして出席者に連絡。

先生にも連絡。
携帯電話に登録してある先生の番号を呼び出し、電話。

「あ、もしもし、○○先生のお宅ですか? ぼーと申しますが、先生ご在宅でしょうか?」

相手、しばし沈黙。
「もう一度お願いします」

言われて、同じことを言った。
「ぼーと申しますが、先生ご在宅でしょうか?」

「こちらは、居酒屋○○です」


Σ(゚д゚lll)ガ ン!




ぼー、先生の番号を、居酒屋の番号に書き換えていた……。
恩知らずな生徒ですいませんね、どうも…。

そ知らぬ顔で電話したら、先生は楽しそうに「行く」と二つ返事。
本当にすみませんね、どうも……。
[PR]
by voovo | 2006-10-08 22:11 | 日記  
2006年 10月 07日 *
退屈を持て余している甥くん、姪ちゃんと、ゴロゴロして遊んだ。
演劇の脚本を交代で、役になりきり読みしたり、プロレスしたり、布団の取り合いしたり。

読書もした。宮沢賢治の「猫の事務所」とか「注文の多い料理店」とか。
あと「走れメロス」とか。  ぼー1人だったら絶対読まない本ばっかりだな。

雑誌を見たりして、とある写真を見つけた。

「姪ちゃん、見て見て。ほら、これ」
五重塔の写真だ。
なぜ五重塔は立っていられるのか、というのを図解で紹介している。

「この五重塔、誰が建てたか知ってる?」
「野口英世」

ぶっ。

「違うだろ。全然。さっき、『ねー、ぼーちゃん、野口英世って、薬の研究したんだってね』って自分で言ったじゃねーかよ」

「五重塔って、なに」
「ほら、これ。この写真の塔」
五重塔の写真を見せてやる。
「誰が建てたか知ってる?」

姪ちゃん、自信満々でうなずいた。


「大工さん!」











……おまえ、天才じゃね!?



でも大きくなったらテストで書かないでね。
[PR]
by voovo | 2006-10-07 19:37 | 日記  
2006年 10月 06日 *
タダイマ。
いま、歯医者から帰ってまいりました。

痛みが治まったので、治療開始。
土台を削り取ることから始まったんだけど、なんとこの土台外しに約一時間。
先生も四苦八苦。
「なんだこれ」
「変だな」
「なんでこんなに硬いんだ…」
「取れないな…」
うーん、うーんと唸りながら、ようやく取り除き、
「うわ……。そうか。だからだったんだ。酷いな」

………え?

「じゃあ歯の根が化膿してるから、キレイにするから」
歯の根を掃除。
掃除しながら、今回の炎症の原因を教えてくれた。

「前の歯医者さん、どこだったの? ずいぶん適当に治療してあったけど」
本来ならば、薬を歯の根に入れ、その上から土台を入れて被せるのだそうだ。
それなのに、その薬を入れられてなかったらしい。
そのまま直接土台を入れて被せたため、歯の根が化膿した。
「酷い目にあったね」

ひでーよ。飯食えんかったし、眠れなかったし、頭痛は酷かったし、薬乱用で胃はやられたし。そういえば前歯も適当な治療の為に、何度も化膿。土台を入れられた角度が適当だったために歯肉炎を繰り返した。
前歯は手術までしたのだ。
……同じ歯医者だった…。

「まだちょっと痛んだりするかもしれないけど、もう大丈夫だから」



ついでなので、反対側の歯も診てもらった。
実は昨日から歯茎が腫上り、夜からは痛くて痛くてご飯が食えなくなった。
また痛み止めの世話になった。
「ここの歯茎なんですけど…」
「ああ、これは痛そうだ。いま、一番痛い盛りだね。一応、歯肉炎だと困るから、レントゲン撮ろうか」

ぱっちり。


「先生、どうでしょう?」
「うん、これはね、歯の磨きすぎだね」
「…………」
「磨きづらいのかな? あんまりゴシゴシやっちゃ駄目だよ。こんなふうに傷ついて炎症を起こすからね」


歯磨き、難しい……。

炎症を抑える薬を、歯茎に入れられた。
そっちの治療のほうが、ものすごく痛かった………。



本当にお騒がせしました(´・ω・`)
[PR]
by voovo | 2006-10-06 16:42 | 日記  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧