Top
<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
*
 
2006年 11月 29日 *
思いっきり長い長いなが~い、友人の話とか、みんなへの感謝とかを書いていた。
一時間以上…かつてないくらい、長いながーいのを書いていた。
あとちょっとでみんなへの感謝の言葉を書き終えられたのに。




おのれ、エキサイト、おぼえておれ。
[PR]
by voovo | 2006-11-29 20:12 | 日記  
2006年 11月 23日 *
昨日、初七日でした。
ぼーの顔を見ると、お父さんが条件反射のように泣くので家に行くのは辛かったけど。
友達の分も、いっぱいお線香を上げてきました。

「もうメソメソしねえ!」
と誓いましたが、
「そうだ、楽しい歌でも歌おう」
と歌いだしたら、やっぱり、どばーっと突然意味も無く涙が。
「あかん。マジ立ち直れないかもしれん」
と打ちのめされてしまいました。
辛いから早く立ち直りたい、早く早くと思うのですが、なかなか…。

自分で「愛の言葉は生きてるうちに伝えるべきなんだよ」なんてフラッシュ作っておきながら、そういえば、友人に「好き」だと言ったことなかったな、と気づき、ふと、ゆっちに亡くなった友人にメールしようと持ちかけました。

ゆっちは何度かメールを送ろうと思ったらしいのですが、返事はもう二度と返ってこないと思うとなかなかメールできなかったそうです。
でもぼーも送るというなら、ということで、2人で亡くなった友人の携帯にメール。
ゆっちが何を書いたかは分かりませんが、ぼーは生前一度も言ったことがなかった
「大好きだよ。愛してるよ」
という言葉をメールしました。

こんなことして更に辛くなるだけかな、と思ったのですが、予想に反し、急速に落ち着きを取り戻し、今は驚くほど平静です。
一昨日まで慟哭してたのが嘘のよう。
甥姪の無邪気な明るさにも助けられ、ネットでも助けられ、自分も辛いのに「大丈夫?」と声を掛けてくれる友人たちにも助けられ…。ありがたいです。

突然泣くことも無くなり、友人のことを思い出すのは辛いけど、楽しい思い出を思い返して「こんなこともあったよなぁ」なんてちょっと笑えたり出来るようになって、ほっとしてます。

ふれでが言ってたように、友人の気配を感じるような、不思議な出来事も体験しました。
ゆっちも体験したらしい。
霊感があれば姿を見れたり、話せたりしたのになぁ。

今週の土曜日、友人宅にお呼ばれしてます。
ご両親に「祭壇、二週間撤去しないことになったから、その間に皆さんが奉げてくれたお酒を、幼稚園の先生たちも招待して、思い出話でもしながら飲んでいただこうと思って」とお誘いいただきました。
二度とお酒は飲めないんじゃないかと思ったけど、たぶん、大丈夫。
楽しんでこようと思います。

ゆっちも少しずつ楽になってきた、と言ってました。
うりゃの不死身亭主の日記読んで笑えた、と言ってました。

本格的に立ち直ります。
[PR]
by voovo | 2006-11-23 22:56 | 日記  
2006年 11月 20日 *
弔辞、おかげさまで、みんなに好評(?)でした。
私が泊まりに行った朝に毎回焼いてくれる卵焼きの話しとか、前の日に炊飯ジャーのタイマーをセットすることとか、「卵焼きだけじゃ食卓が寂しいから」とたくさんの種類のふりかけを「好きなの食べて」と出してくれることとかを書いたら、
「光景が目に浮かぶようだった」
「おまえじゃなきゃ書けない内容だったな」
「みんな聞いて泣いてたよ。いい弔辞だった」
と、電話で褒めてもらいました。
……褒めてもらっても、アレだけど(笑)

ちゃんと読みたかったけど、泣きながらつっかえつっかえ、しかも全身ガタガタ震わせながら読みました。
B5サイズの紙に、6枚も書いたから、我ながら長かった(笑)
みんなに愛された人で、通夜に約200人、告別式は人数数知れず…。
弔辞を読むために、私とゆっちの席は一般席の一番前に名前入りで取ってあって分からなかったんだけど、あんまり大勢来ていて、着席など出来ず、斎場からはみ出しそうだったそうです。
一般焼香も代表して私たちがしただけでした。

18日の日に泊まりに行って遊ぶはずでしたが、よりによってその日が彼女の告別式…。
あんまりだよな。
くっそー、いつか再会する日が来たら、思いっきり文句言ってやる。泣かせてやる。

転勤先の幼稚園の先生と、転勤する前の職場の先生などが挨拶に来てくれました。
知らない先生がほとんどでしたが、
「飲むはずだった焼酎、私たちが連れて行ってあげますよ! 遊びに来てくださいね!」
「一緒に飲み会しようよ! せっかく彼女が残してくれた絆、大切にしよ!」
と明るく声を掛けてくださって、メルアド交換もしました。
友人が冷たくなる前にベランダの窓ガラスを割って入ってくれた、転勤先の先生たちには、本当に感謝したい。

いま、情緒不安定です。
ものすごい些細なことでヒステリックになって、急に泣き出したり(仕事中なのに)して、自分でもなんで泣いてるのか分からないという……。
我ながら戸惑ってます。
ここまで打ちのめされるとは、正直思ってなかった。

体重も4日で4kg減。シャレにならん。

誰もが乗り越えるんだから、大丈夫……などとのんびり行こうと思ってましたが、さすがにヤバイ。
今日もメソメソ泣いたんですが、今日で終わりにします。
ただ悲しむんじゃなく、悲しんでる自分を哀れむようになったら、目も当てられねえぜ。
どんなに泣いても、もう生き返らないんだしさ。骨になっちゃったんだし。奇跡は起こらないんだし。
年月が経ったら、声も顔も鮮明に思い出せなくなるんだろうな、なんて思ったけど、よく考えてみりゃ、十年以上前に亡くしたちょっと仲の良かった友人の声と顔、今でも鮮明に思い出せるし。
だったらうんと親しかった友人のことも忘れねえだろ。

ゆっちと頻繁にメールし合って、お互いを支えあってます。
大丈夫かな。心配。
ゆっちは私の方を心配してる(笑) あら、仲良しw

なおみさんからメールが来た、ありがたい、って、ゆっちが感謝してました。


とあるサイトさんで、ぼーが作ったフラッシュが貼られてて、そこに
「このFlashサイト知ってる。この作者のぼーさんのキャラいいですね~。違うHNでときどき訪問してる」
ってコメントしてあるのを、たまたま、ホントに偶然見つけた。
違うHN………誰だ(笑)

なんか、「そうだよな、ぼーはどう転んでもヘタレでいい加減なぼーで、言葉遣いとか、治んないもんな。性格はもっと治んねえしよ」
と、ふと悟り(?)目からウロコ。

今日、12時過ぎたら、もうメソメソしねえ。
ここに、「ヘンな人」と見物しに来てくれる人には、「ヘンな人」のままで対応する!

もうちっと、休むけどよ。

みなさん、本当に支えてくれてありがとう。
負けねえぜ。
[PR]
by voovo | 2006-11-20 23:52 | 日記  
2006年 11月 18日 *
いま、弔辞を書き終えました。
一時間くらいしか寝れないので、簡単に、ちょっと書かせてください。

なおみさん、電話ありがとう。
おかげで昨日は眠ることができました。

ふれで、メールありがとね。
ゆっち、励まされたみたい。
「ふれでからメールが届いたの」と嬉しそうにしてた。

るんばさん、お久しぶりです。
ゆっちは、いまのところ気丈です。
「(体に障るから)落ち着いて取り乱さないでね」
と私が対面するときに言ったせいか、泣くのを我慢しているようです。
楽しかった思い出話をして、笑っています、今は。
さんちゃんが、寄り添ってくれてます。

因幡、いろいろ本当にありがとう。迷惑掛けてごめん。
助かったよ。

なでなで、そうなんだ。彼女なんだ。





体の震えが止まらないくらい、ひとりでわんわん泣きながら書きました。
みんなが元気付けてくれたから。
泣きすぎて、具合悪いです。

明日、歯ぁ食いしばって、泣かないように最後まで読みます。
ちゃんと、友達としての最後の使命を果たさないと、ネットを介して支えてくれたみんなに悪い。

明日はきっと、ぼろぼろになってるだろうから、皆さんへの感謝のレスは明日以降にさせてください。

ひとりひとり名前を挙げれずに、こんなに感謝してるのに、簡単なお礼ですみません。
メールやコメント、本当にありがとうございます。

踏ん張ってきます。
[PR]
by voovo | 2006-11-18 04:20 | 日記  
2006年 11月 16日 *
ぼーさ、なんかここではいつも弱音ばっかり垂れ流しで、せっかくここを読んでくれてる人たちに、あんまり愉快な思いをさせなくて、本当に申し訳ないんだけど。

ぼー、ちょっと休もうと思う。


胸潰れて死にそう。

楽しい話を書くときはそれが伝わるようにと、にこにこ笑いながらパソコン画面に向かってる。
一人でにこにこ笑ってる。
にこにこしながら書けば、それが文章に微妙に配合されて楽しい文章になるんじゃないかなぁ、失礼なレスにならずに、のほほんとしたレスにならないかなぁ、と思ってる。

でも今は逆立ちしたって笑えない。
辛くて辛くて泣くのを我慢するので精一杯だ。


さっき、片道一時間かかる道のりを、車を走らせて病院へと行ってきました。
友達が亡くなりました。
……親友です。
一生、一緒にいられると思ったのに。
白血病で亡くなった知り合いの話を書いたときに出てきた、保育士の友人だよ。
クモ膜下出血だって。
笑えるくらい、あっというまに逝っちゃった。
もう助からないってお姉さんから電話もらって、それでも、せめて死に目に会いたいと思って、そしたら動揺して泣きまくってるぼーを心配して友達が車を出してくれて、でも一分くらいの差で、間に合わなかった。

一度も意識が戻らなかった。
発見されたときはすでに心肺停止してて、瞳孔が拡散してた。

一番の飲兵衛仲間だよ。
10月21日に飲み会して、11月3日に飲み会して、12月30日に飲み会の予定で予約が入ってる。
今週の18日は泊まりに行く予定だった。
明後日泊まりに行って、また修学旅行みたいにみんなでゴロ寝して楽しむ筈たった。
すごく楽しみにしてたのに。

もう手の色は肌色じゃなくて紫色で、目は薄目を開けていた。
涙が滲んでた。
起きるような気がして、何回も揺すったけど全然動かないし、起きない。ホントに起きない。
手を触ったらもうちょっと冷たくなり始めてて、でもまだ柔らかい。

一番長く一緒の時間をすごした親友だ。
ふたりで旅行に行ったときとか、しゃべり方とか、癖とか、そんなのばっかり思い起こされる。
声もはっきり思い起こされる。
でも何年も年月が経ったら、声や顔すら、鮮明に思い出せなくなる日がくるのかな。

やりたいことがいっぱいあった友達が死んで、ただダラダラと毎日を過ごしてるぼーが、生きてる。
ぼーが代わりに死んでも良かったな、と本気で思う。
死者や生者の冒涜かもしれなくて、それは思ってはいけないことなんだろうけど。


服は着物ではなく、友人が着る予定で予約して買った服を着せてもらった。
やっぱり揺すったら起きる気がする。

遺体は今日の朝、片道一時間をかけて、転勤先から帰ってくる。もし転勤してなかったら、家族と一緒に暮らしてたんだから、きっと死なないで助かっただろう。
言っても詮ないことだけど。
今日、お泊りのことで電話して話すはずだったのに。
クモ膜下が明後日だったら、ぼーたちがすぐに救急車呼んだのに。そうしたら助かったのに。

みんなの日記を読むと明るい気持ちになれるから、閲覧しには行くと思うけど、とてもにこにこ笑ってレスは出来ない。
だから、ちょっとサボろうかなと思う。
きっといつものようにヘラヘラして復活するかな。
でも、いつまでもメソメソしてるかもしれん。
今日はとりあえず、涙がもう涸れた。
さっきから布団に入ってるけど、寝れないし。明日も私には普通に仕事があるのが悲しい。
大事な人が亡くなったのに、休めもしない。


ぼー、ゆっちとは、この友達を介して親しくなった。
ゆっちが心配だ。
ゆっちと友人も親友同士だった。友人は近々ゆっちに会いに行くつもりだった。
電話したら、ゆっちもかなり動揺してて、最後は会話にならなかった。
体があまり丈夫じゃないので、本当に心配だ。
もし、mixiでゆっちがこのことを日記に書いたら、励ましてあげてください。
[PR]
2006年 11月 15日 *
ここをのんびり見てるとは思わないけど、逃げて。
北海道の沿岸の人。
[PR]
2006年 11月 11日 *
……の、天才なんじゃないかと思う
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=34573

なんかこう、じわじわ~っと笑えてくるんだよな
[PR]
by voovo | 2006-11-11 15:47 | 日記  
2006年 11月 11日 *
思うんだが。
誠意と偽善の境界線って、どのヘンなんだろ?

辛い経験をした方から、Flashを見て感動しました、とのメールをいただいた。
誠意あるメールには、誠意でお返ししたい。
しかし……この「誠意」って「偽善じゃね?」とふと思い。
いや、メールをくださった方がじゃなくて、ぼーの方が。

不特定多数の人々が見る可能性のあるブログでは、その内容を詳しく吐露できなくて、どうしてぼーがそんなことを考え出したのか、いえないが。

誠意には誠意で応えたいのに、ぼーは自分が感じた言葉では返せず、誰もが言うだろうキレイ事な言葉の羅列を書くだけ。果たしてそれは「誠意」を送ってくださった方への「誠意」なのか?


嘘が必要な場合があって、それが今なのだが、なんだか後ろめたい。
しかし、その方が前進できるよう、応援したい気持ちはいっぱいあるのだ。
でもそれは「驕り」とも取れるような気が、しないでもない。
「善行」「誠意」「綺麗事」「偽善」

うーむ。なんか、全て紙一重のように気がしてきた。
難しいかな、人生は。

なんか困り果てて、まだそのメールには返事をしていない…。

[PR]
by voovo | 2006-11-11 00:05 | 日記  
2006年 11月 05日 *
昨日は飲み会。
お金、いっぱい飛んでっちゃった。痛いよー…。
その後、カラオケ。
採点される設定になってて、得点によって、水着姿の女の子のパネルがとれるという…アタック25? みたいなやつだった。
股間と胸は何点出しても残るようになってんのね~。
友達がそれに気づいて、皆で何度も注意してみていたが、絶対に股間と胸はとれない。
98点出したとき、残りの二枚がやっぱり股間と胸だった。
あれには皆で大笑いした。
100点とらなきゃ、特に股間は取れないのかな。
水着着てるんだから、パネルが全部取れても布があるだけで、ありがたみがないと思うんだけど。
でもまあ、笑った。

飲み屋での話しに戻るが、メニューを見てたら「生キウィフルーツサワー」なるものを見つけた。
「えええ!? な、なま? 生グレープフルーツサワーみたいに、ぐりぐり~って自分で絞るの?」
期待感で、ワックワク。
しかし来たサワーは、もう絞ってあった。
ってか、絞れないだろ、キウィ。なんでそんなこと思ったんだよ(笑)
いや~、美味しかった、すごく。ジュースみたいだったけど。
ぼー、キウィ苦手なんだけど、ペロリと飲んだ。また飲みたいなぁ。……ジュースみたいだけど。本当にジュースみたいだったけど。
b0007685_22144469.jpg

果肉がうまかった。


ところで今日の月は満月?
ぼーの大好きな、怪しげな色の満月。
なのに血が騒がない。どうした、ぼー。
b0007685_2222399.jpg

こんなんじゃ、狼男になれないぞ!

でもどうせなら兎男になりたいな。
触れないから、自分のふわふわ毛を自分で触る。

……哀しい…。
猫とか兎とか、触りたい。
一緒にコタツでごろごろしたい。
[PR]
by voovo | 2006-11-05 22:32 | 日記  
2006年 11月 02日 *
明日休みだよ。
いや~、うれしいね~。

ただそれだけ。
[PR]
by voovo | 2006-11-02 10:07 | 日記  
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile

ぼーブログだす
by voovo
ブログパーツ
メモ帳
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧